ベイプはタバコじゃない! | タバコのようでタバコでない!ベイプ(VAPE)を楽しもう!

ベイプはタバコじゃない!

「ベイプはタバコじゃない!」のイメージ画像です。

電子タバコというとベイプよりアイコスのほうが日本では知名度があるかもしれません。ベイプもアイコスも同じ電子タバコというくくりで扱われますが、ベイプとアイコスには大きな違いがあります。
アイコスはタバコの葉を熱して、ニコチンが含まれている水蒸気を吸引するものです。ニコチンは含まれていますがタールは含まれていないため、紙巻きタバコよりは健康的とされています。煙やにおいも紙巻きタバコより少なくなっています。
ベイプは液状のリキッドを熱して蒸気を吸引するものです。海外ではニコチンが含まれているリキッドもありますが、日本では薬事法によってニコチンを含んだリキッドタイプの電子タバコは製造・販売が禁止されているので、日本で売られているベイプのリキッドにニコチンは含まれていません。タールも含まれていません。煙は多くすることもできます。
ベイプとアイコスの大きな違いはニコチンが含まれている子どうかということになります。これによって健康への影響が大きく変わってきますし、受動喫煙のリスクも変わってきます。アイコスよりもベイプの方がはるかに健康的であると言えます。
同じ電気の力を利用していても、アイコスは電気の力で熱を発生させてタバコ葉を燃焼させ水蒸気を発生させるのに対し、ベイプは電気の力でリキッドを水蒸気に変えるという違いがあります。アイコスが加熱式タバコとも呼ばれるのはこのためです。
同じ電子タバコであってもベイプとアイコスは別物なのです。